10229: ウィンターコテージ

恒例の冬のセット。クリスマスシーズンはこれを組立てて飾って遊んでってのが定番となりました。メインの建物内は生活感にあふれていてほのぼのムードです。いろんなタイプのミニフィグが8体入っているので、いろんなシチュエーションを想像しながら楽しめます。

[セットレビュー]

BrickLinkでパーツ構成を見る

Bricksetで商品情報を見る


データ更新日時:2020年7月8日 22:55
商品画像、価格はAmzon Product Advertising APIにより取得しております。



セットレビュー

ずっしり重い。 1490ピース入り。
同じ番号ばっかり。もうちょっと数字分けといてくれても。 1x1系の細かいパーツも多め。ブロック外しも入ってます。
ステッカーと白プレート。 インストは2冊だけ。
まずはミニフィグ4体。スキーのストックは4Lの棒。ストックパーツあるのにね。 かまくら的な。
高さが低いのでミニフィグを入れると蓋ができません。 トラックを作ります。後輪のフェンダー部はあまりオフィシャルでは見かけないやり方。
色合いが抜群にいいです。 完成。ドアの処理もいい。
木を乗せたり。 除雪ユニットは取り外して荷台に乗せられます。
こちらは作業小屋。 屋根の組み方は全般的に共通。
シャベルを使ったそりとか。 こぢんまりとしていい感じ。
さらにミニフィグ4体。全部で8体入り。 リバーシブルは2人。怒り顔と泣き顔でちょうどセットになってます。
ひたすら1x1タイル。 さらにタイル貼りまくる。疲れます。
いつものライトブロック。暖炉の組み方は面白い。炎のパーツを使わずに表現。 キッチン。それなりに充実。
ソファーやクリスマスツリーとか。無駄にパーツが細かい。 とにかくパーツが多いので組み忘れのないように。
2階を作ります。 内装やら煙突やら。猫もいるよ。
キッチンの暗さ。 屋根を作ります。ものすごく単純。急にパーツの単位が大きく。
今回の見せ場はここかな。 組み合わせるとぴったり。きもちいい。
内部へのアクセスはかなり窮屈。せっかく作っても、キッチンはほぼ使えない。 緻密なんだけど、微妙に残念な感じもあります。飾っておくにはいいですね。

[▲ページ先頭に戻る]