2011年の気になる新パーツ

レゴブロックのパーツは毎年新しいものが追加されます。すでに分かっているだけでも今年もいろいろと今後発売になるセットに新パーツが使われているのですが、その中で個人的にですが気になったパーツをいくつかピックアップしようかと思います。

ポチスロ+1x2プレートのようなパーツ。1x2で接合しつつ面の処理もできるので、場面によっては重宝しそうなパーツです。カラーバリエーションが増えることに期待。
すでにニンジャゴーシリーズで使われているパーツ。ライトセーバーパーツと似たような形状で、T時に接続出来るようになっています。メカ・ロボ製作でいろんな使い方が期待出来るパーツです。ライトグレーはすでにあるので、ダークグレーも欲しいですね。
上面クリップ付き1x2プレート。これもニンジャゴーシリーズですでに使われています。1x1のクリップ付きタイルでいいんじゃないの…って感じがしないでもないですが、1x2だと接合を兼ねることもできて、より外れにくいというメリットがあるし、ポッチがあるのでロボットの関節など細かい部分でコンパクトにまとめたい時なんかにも活躍しそうなパーツです。
1x4プレートなんだけど、ポッチが両サイドにしか付いていないプレートです。外装の処理にも使えそうですが、両端にしかポッチがないことを活かして、ヒンジのような使い方も考えられますね。
2008年から登場したパーツで、使い勝手の良さから一気に普及したパーツです。ちょっとメカっぽい装飾を加えつつ、段差の処理も行えるのでついつい使いすぎてしまいがちになります。2011年からは新色としてブルーがシティ警察シリーズで使われます。もっといろいろなカラーが欲しいパーツです。

他にも新パーツが登場予定ですが、実際に入手出来てからセットレビュー内で紹介したいと思います。

更新日: 2011/01/02

[▲ページ先頭に戻る]