4195:アン王女の復讐号

[商品ページ >>]

きれいに封入されてます。 パーツは小さいものも多いです。
袋は7つとマスト用のパーツ。 帆の布パーツ。
船体はダークブラウンカラー。これは6243:赤ひげ船長の海賊船や10210:インペリアルシップと同じパーツ。 中間パーツは接続方法が変わった新タイプ。外観は従来のものと同じなので、10210:インペリアルシップか7048:トロール戦艦のものが色的にも延長用に流用できそう。トロール戦艦を投げ売りの時に買っときゃよかった…誰かあの時のオレに教えて。
やっぱりインストがきれいだと気持ちいい。 ポスターは大きすぎて広げられない。
ステッカーとトランプみたいなカード付き。 小物いろいろ。コンパス、剣、バケツの持ち手は予備付き。
ジャック・スパロウ&ペネロ…じゃなくてアンジェリカ。このセットのジャックは帽子付きタイプのヘアパーツ。 アンジェリカのヘアも帽子と一体型です。
リバーシブルプリントヘッド 黒ひげとシェフ(コック)。
黒ひげはリバーシブルプリントなし。 ゾンビーズ。
中央のやつのみリバーシブルプリント。 大砲は3つだけ。ちょっと寂しいな。
組立て開始。まずは船体を接続して。 パーツをペタペタ貼っていきます。
大砲は最大で8つ設置可能です。大砲は増設用に買っておいたよ。 パーツの取付け忘れがないように注意しながら組立てましょう。
ホネホネパーツはもっと暗い色の方が雰囲気でそうですが、レゴ的には白がいいアクセントになってます。 いったん船体から離れて船長室を作ります。
あのちっちゃいジャックスパロウみたいなのは何でしょう。呪いの人形的なやつでしょうか。 窓部分はステッカーを貼らないと違和感がもの凄いです。
ワンポイントにホネホネをぶら下げてオシャレ度アップ 船体とドッキング。
これは…ニッコリちゃんと付け替えたりしてみたい。 ニンジャゴーのホネホネ用シップにしてみたりできそう。
でっかいランプみたいなのをを取付け。 いよいよ仕上げ段階。ちょっと疲れてきた。
帆を取付けていきます。組立てに夢中になって帆を取付ける前の写真撮り忘れた。 できた~。いや~ん、めちゃめちゃかっこいいわぁ!
映画の画像を見るとたしかに船首にホネホネついてます。もっとかっこいいですが。 ゾンビが船員なのか?
このまま飾るのもアレンジしたり組替えたり、楽しみがいろいろ広がります。 パイレーツ・オブ・カリビアンや帆船に興味が無い方にもぜひ作ってみてもらいたいセットです。
 
予備パーツ。骨パーツも予備で入ってます。  
[▲ページ先頭に戻る]