7097:しにがみ大王の城

[商品ページ >>]

袋は全部で9つ。 グレーと茶色ばっかりです。
岩パネルパーツは3つ使います。 インスト2冊。
事情はよくわかりませんが、そういうことだそうです。しかしヘルメットって… 白馬と精鋭の皆さん。
囚われてしまう王様。 しにがみ大王と魔法使い。
マントはぼろぼろ仕様。 それぞれ背中にもプリントあります。
エリートトロール。通常の3倍のパワーとスピードをお持ちだそうです。 とげとげのついたレザージャケットを着ている感じ。
 
しにがみウォリアーは2体。  
組立てはモジュール単位で行います。 まずは正門になるモジュール。
門扉を取付け。でかい炎のパーツはオレンジと赤のグラデになっていてきれいです。 裏側には侵入者を真っ二つにする罠が。
次はエリートトロールの待機場所のような部分です。 ヒンジで左右に展開するようになってます。
おなじみの投石機を備えています。 裏側はこんな感じ。スカスカですが、ミニフィグを置くスペースと解釈しましょう。
反対側も同じように作ります。 基本的には左右対称です。
実はインストでは見張り台部分に3段あるとげのうち、一番手前のとげは付けるようになっていないのですが、パーツが余るので付けてます。 微妙にインストのイラストが間違っていたりもするんですが。
次は城壁となるモジュールです。 これも展開式です。
裏側。はしごがついてます。 反対側も同じように組立てます。
メインの塔となるモジュールを組立てます。 2階は魔法使いの部屋。
全体的にスロープパーツを多用しています。 3階は牢屋。見晴らしがよさそうです。
展望フロアを組立てて完成です。 裏側にも鉄格子。遊ぶときは簡単に外せるようになっています。
各モジュールを接続して城の完成です。とげとげが痛そう。 中庭でバトルが繰り広げられそうです。
フィグを配置してみる。 なかなか守りが堅そうです。
3人で乗り込むなんて無茶です。 モジュールの接続を変えれば砦のような感じにもなります。撮影の都合で左右を伸ばせれないのですが。
 
あまりすぎていてどこかで付け忘れているような気も。ただ、異常にあまりが多かった袋があったので封入ミスかも。  
[▲ページ先頭に戻る]