7597:ウェスタン・トレインの追跡

[商品ページ >>]

電動化の記事はこちらから見れます

インストは2冊。箱の中でぐちゃぐちゃになってました… フィグと連結パーツ。
主役のみなさん。 新たにフィグ化されたレックスとドクター・ポックチョップ(ハム)。
レックスの手足としっぽは可動します。 ハムはちゃんとコイン穴が開いています。
おなかには栓もあります。 まずは1番の袋で車掌車から組立てます。
車輪部分の構造は貨車すべて同じでこんな感じ。 マグネットで連結されます。
グリルブロックを積み上げて。 屋根は簡単に外せる構造です。
車輪のパーツ。シャフトは金属製です。 車輪、その他を取付けます。

屋根をはめて出来上がり。

けっこう高さがあるけどフィグ自体の背が高いので比率的にはちょうどです。
次は客車と思われる車両。 ベース部分は同じ作り。
緑の窓枠が10個。 このセットはすべてプリントパーツになっています。
屋根を取付けて完成。 バズはちょっと似合わないですね。
続いて有蓋車。 ドアをはめるための溝付きプレートを使います。
前後は鉄格子。 $マークもプリントです。ありがた迷惑な感じもがしないでもないですが…
ドアを取付け。 屋根を取付け完成。ダイナマイトが4つ。
ドアはこれぐらい開きます。屋根は落下するギミック付き。 映画ではどんなシーンになるのでしょうか。
4番と5番で機関車を組立てます。 1番のマークが入ったブロックはいろいろ使えそう。
いちおう運転席もあります。 窓枠パーツをうまく組み合わせています。
テクニックの十時シャフトを使って横に接続しています。 煙突部分はけっこう面白い組み方になっています。
車輪部分を作ります。 動輪には赤い輪ゴムをはめます。
緑のポチスロいっぱいです。 カウキャッチャーが特徴的ですね。
それぞれ接続すれば完成です。 カラフルでおもちゃ的なかわいさがあります。
貨車を連結してみます。パーツ数は少ないですがそれを感じさせないお得感のあるセットです。 トレインシリーズのレールに載せてみる。やっぱりこの方が雰囲気でますよね。
呼びパーツ。ステッカーはありません。 フランジの無い動輪も別途2つ付属しています。
[▲ページ先頭に戻る]