4841:ホグワーツ特急

[商品ページ >>]

結構細かいパーツも多いめです。 ミニフィグも5体入ってます。
トレインパーツ。 ハリー、ロン、ジニー。
背中プリントもばっちり。 5体とも顔のリバーシブルプリントありです。
ルーナとドラコ。 ルーナ・ラブグッドと言えば、もちろん…
メラメラメガネ。かわいい!

日刊予言者新聞とザ・クィブラー。右の3つは杖のケースのステッカーを貼ります。

ふくろうはそれぞれプリントが異なります。茶色のかえるも。 小物いろいろ。

透明マント。ハリーよけいに目立っちゃってるよ…

ミディアムブルーがいっぱい。
パーツ構成はクリエイター並みの細かさ。 けっこう緻密な作りです。
ちょっとタイヤが小さい気もするかな。 トランクも開きます。
空飛ぶ車は、ハリー・ポッターと秘密の部屋でしたよね。 ホグワーツ特急を作ります。まずは機関車。
これも細かいパーツをたくさん使っています。 煙室扉はプリントパーツです。
石炭を… 火室に収納することができます。
出来上がり。車輪部分がちょっと…なんで、各自改造のことですね。 炭水車を作ります。
パカッと開きます。 かばんを2つ中に収納するようですが、物語にそんなシーンがあったのか覚えてません。
客車を作ります。 ペトリフィカス トタルス!映画のシーンを再現するにはちょっと狭い。
トレインウインドウパーツがいいですね。シティシリーズでも使って欲しい。 機関車もそうですが、車輪が動かないように1x4のプレートパーツでストッパーにしてます。
屋根はポッチを使わずにはめているだけ。 連結してみる。客車だけいっぱい欲しいな。
単純な電動化ならけっこう簡単にできそうです。版権ものにしてはパーツ数、内容的にも良セットだと思います。 ストッパーを外せばカーブレールでもばっちりです。(レールはこのセットには入っていません)
 
ステッカーと予備パーツ。  
[▲ページ先頭に戻る]